コラム

パチンコ店×ブロックチェーン:仮想通貨だけじゃないブロックチェーン技術の活用法

登録者爆増中!
いまなら新規開設で3,000円分のビットコインが貰える!

ハッキングや、サーバーダウンなどの被害経験がありません!顧客の通貨は安心のコールドウォレット管理!今なら3000円分のビットコインが貰える!
おすすめ度
取扱通貨BTC,ETH,BCH,LTC,XRP
取引手数料0円
レバレッジ最大25倍

BITPoint公式サイト

サッカー日本代表の本田圭佑氏がイメージキャラクターに就任!
BITPointの快進撃は続く!

BITPOINT

パチンコ店×ブロックチェーン

ブロックチェーンの技術に多数の大企業が出資をし始めていることはメディアでも騒がれていますね。ブロックチェーンは仮想通貨だけの技術ではないんです。その技術の活用方法に各社が目をつけている訳ですね。

TwitterなどのSNSで「仮想通貨投資をやっている人はなんでもブロックチェーンに結び付ける」なんて投稿をたまに見かけます。

そんな私も、なんでもブロックチェーンと結び付けてしまう方の人間で、思いついた「もしも」を不定期でコラムにしていこうと思い、今回記事にしました。

今回のお題は「パチンコ店×ブロックチェーン」

あわせて読みたい
ブロックチェーンとは
ブロックチェーンってなに?基礎知識をしっかり身に付けて仮想通貨投資を始めよう! 登録者爆増中! いまなら新規開設で3,000円分のビットコインが貰える! BITPoint(ビットポイント)...

カジノ法案の可決に伴い、パチンコ店を営業するうえで風営法の規制強化が目立ちます。
昔ほど爆発力もなく、大勝ちする事が減ってきましたね。
そもそも、なぜギャンブルなのにこれまでパチンコ店の営業は許されてきたのでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、実は「景品を交換」することによってパチンコ店でのギャンブルが成り立っています。

三店方式

簡単に言うと、出玉を景品に変えて、貰った景品(アトマイザー、文鎮)を景品交換所にもっていきますよね?この方式をとることで法律を掻い潜ってパチンコ店の営業を行うことが出来るのです。

刑法で禁じられている賭博(とばく)に該当しないよう編み出された、パチンコの形式的合法化システム。遊技場(パチンコホール)営業者、景品交換所運営者、特殊景品卸売業者の三者を結びつけていることから、三店方式とよばれる。その仕組みは、以下のようになる。まず客は遊技場営業者であるパチンコホールにおいて現金をパチンコ玉に交換する。客はゲームを行い、それによって得られたパチンコ玉をホール店頭でカウント。ホール側はパチンコ玉の数に応じて通常の景品、もしくはライターの石、ケース入りのコインのような特殊景品と交換する。特殊景品を手にした客は古物商である景品交換所を訪ね、特殊景品を現金で買い取ってもらう。その後、特殊景品の卸売業者が景品交換所から特殊景品を買い取り、パチンコホールに卸すという手法により、「賭博」とみなされることを免れてきた。しかし実質的には賭博であることには変わりなく、賭博特有の依存症に陥る点などが、長らく問題視されている。灰色の業態とされているものの、警察庁の黙認のもとで長く行われている。

引用:コトバンク

もしもパチンコ店にブロックチェーン技術を導入したら

では、実際にパチンコ店にブロックチェーン技術を導入したらどうなるか、メリット・デメリットを見ていきましょう。

●メリット
「出玉がトークンに」
遊戯球、メダルをトークンにする事で、お客様の手が汚れない
交換の手間が省け、人件費削減(パーソナルシステム同様)

「ビットコインなどの主要通貨で遊戯球(トークン)を購入できる」
金庫から現金を回収するスタッフの人件費削減
閉店後に現金を計数する労力の削減

「ブロックチェーンの技術導入により、出玉数を管理」
ゴト行為のけん制
交換ラッシュのピーク時、スタッフの阻喪による玉混ぜの心配がない
→店長の労力削減
※現在でも出玉はホールコンピューターで管理されています。より簡素化されそうですね。

「三店方式が不必要に」
出玉をトークン化することで交換所のおばちゃんの人件費削減

●デメリット
「景品を渡すカウンタースタッフの人件費削減」
カウンタースタッフはお店の顔です。かわいいスタッフの人件費削減は心もとないですね。

「スロットで勝ってるときにカチ盛してドヤれない」
メダルがトークンになった場合です。スロッターならこの爽快感がなくなるのはつらい方も多いはず。

「風営法の許可の他に、金融庁から仮想通貨交換業の許可を得なければならない」
完全にお店側の意見ですが、こんなことになっちゃうんですね。

まとめ

と、ここまで考えてみましたが、そもそも次世代通信「5G」の到来とカジノ法案の可決で「オンラインパチンコ店」なんかが出てきたら、人件費削減はもちろん、「膨大な使用電力削減」「新店の建設費用削減」「新台入れ替えなどに掛かる1台数十万の機械導入費削減」「それに伴うスタッフの新台入替作業に掛かる人件費削減」「AIによるデータ管理と翌日のシミュレーション設定」「受動喫煙が減る事による健康改善」…など考えだしたらキリがありませんし、どちらかというとメリットだらけです。

パチンコ店の利益率は格段に上がり、税金は大幅に増収…パチンコ店も政府も良い事ばかりです。

次世代通信「5G」…現在のインターネット回線「4G」に次ぐ通信世代で2020年までに実用化される見込み。現在の100倍の速度でデータ通信が可能ともいわれています。また、高速だけでなく、一度に多接続も可能になると言われています。

パチンコ店の未来は如何に…

ブロックチェーン技術により日々暗号化してく世界観を「もしも」で例えてみました。
当ブログタイトルの「CryptoDays」にピッタリな記事になりました!

最後に

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
このコラムはあくまでも「もしも」を筆者独自の慣性で書いたコラムです。実際に現在の風営法や日本の法律を遵守した場合、今回のもしもが通用するわけではありません。決して現在のパチンコ店の営業を否定するものではございませんので、予めご了承ください。

海外取引所で口座開設をしよう!

国内の取引所に慣れてきたら海外の取引所を利用してみましょう。取り扱い通貨も比べ物にならない程多く、億り人になった方は海外取引所を通して、まだ価格が低いうちに有望な仮想通貨を購入した方が多いでしょう。

規制が改正されたり、市場全体の時価総額が高騰すると混雑し、口座開設が停止する場合もあります。お早めに口座開設だけでもしておくことをお勧めします。

当サイトで紹介している海外取引所

●Binance(バイナンス)
世界最大の取引所で取り扱い通貨も豊富。人気の取引所。
Binance(バイナンス)口座開設・使い方の記事はこちら

●BitMEX(ビットメックス)
レバレッジ最大100倍のBTC-FXが可能。追証もないので初心者でも安心してトレードが楽しめます。
BitMEX(ビットメックス)登録方法・使い方の記事はこちら

●COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)
草コイン(マイナーコイン)の宝庫として有名です。将来価格が高騰するかもしれないダイヤモンドの原石を漁ってみませんか?
COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)口座開設・使い方の記事はこちら

●Huobi(フォビ)
取引高世界3位の取引所。事業展開の勢いが止まらない、今後最も成長が期待されている取引所。
Huobi(フォビ)のページはこちら

●Bittrex(ビットレックス)
世界最大級の取引所の一つで、価格が高騰する銘柄を豊富に取り揃えてきた。億り人が続出した、あのADAもこの取引所で購入した方が多いですね。
Bittrex(ビットレックス)口座開設方法の記事はこちら

●CryptoGT(クリプトジーティー)
アルトコイン、BTC共にレバレッジはなんと200倍!当然追証もありません。今最も注目を浴びているハイレバ海外取引所。BitMEX(ビットメックス)で勝てる方は是非チャレンジ!
CryptoGT(クリプトジーティー)登録・口座開設方法の記事はこちら

LINE購読!

友だち追加

ブログの更新情報、最新のAirDrop情報をLINEでいち早くキャッチ!

ABOUT ME
BOSS
BOSS
CryptoDays│クリプトデイズ│仮想通貨ブログ。Bitpet(ビットペット)、ETHEREMON(イーサエモン)、ETHTOWN(イーサタウン)などのDAppsゲームに超期待しています。座右の銘は、何事も気持ちいいか気持ちよくないか。仮想通貨は超絶気持ちいい。