米アップル社によるApp Storeのリリース以来、アプリは進化しつづけ、現在では「サービスとしてのアプリの時代」の段階にあるといわれる。 しかし、アプリの進化には、次の段階がまっているようだ。

 非中央集権型アプリ、または「dApps(Decentralized Applications )」と呼ばれるものだ。

dAppsは、イーサリアム(Ethereum)プラットフォームの登場とともに注目をあつめている。実際、イーサリアムの主な目的は、dApp作成のために相互にやり取りできるスマートコントラクトの展開だ。

非中央集権・分散型アプリ「dApps」

簡単に言えば、dAppは完全に分散されていること以外は、通常のアプリと同じだ。イーサリアム・ネットワークを構成するノードによってホストされ、中央サーバまたは第三者に依存せず動く。dAppは、障害が発生するような中央機関を有せず、ハッキングや政府機関等による検閲を受けることなく、完全に自律的に運営できることが期待されている。

dAppにアクセスするには、特別なイーサリアム・ブラウザが必要だ。dAppの代表的な例の1つは、中間サーバーを経由せずに、イーサリアム・ネットワークと直接通信する分散型の予測市場であるAugurだ。他に、ミストウォレット(Mist wallet)やメタマスク(MetaMask)もある。

 ミストウォレットは、イーサリアム・ネットワーク上で最も古いアプリケーションの1つだ。これにより、ネットワーク上の分散アプリやウォレット操作が可能になる。

 同アプリでは、ユーザーにイーサリアム・ブロックチェーンをダウンロードさせる必要がある。一方、メタマスクは、ウェブ・ブラウザを簡単にイーサリアム・ブラウザに変換可能な拡張機能を提供する。

しかし、イーサリアムはまだまだ新しい技術で、非中央集権への道は長い。ブロックチェーンを活用しているプロジェクトは何百もあるが、完全に分散されたアプリケーションはほとんど開発されていない。また、イーサリアムのプロジェクトのほとんどが、依然として集中化されたコンポーネントを使用して製品を提供している。

たとえば、イーサリアム初のギャンブルdAppの1つは、それぞれのスマートコントラクトアドレスにトランザクションメールを送信するだけで使用でき、それだけですべてのプロセスが処理される。スマートコントラクトが中核となっている一方、ユーザーにアドレスを表示し、フロントエンドを提供するために依然として集中型のWebページを使用している。

他のプロジェクトでは、イーサリアム・ブロックチェーンを具体的なdAppの配備のためではないではなく、コンポーネントの1つとして活用している。これらのコンポーネントは、取引やインセンティブ層から、株式やその他の価値のあるトークンの発行メカニズムまでさまざまだ。ほとんどの場合、イーサリアムはICO(イニシャル・コイン・オファリング、仮想通貨で広く資金調達する手法)プラットフォームにすぎない。

 

引用:コインテレグラフジャパン